卓球の下回転に対するフリックのコツと練習方法

卓球の下回転に対するフリックはコツを掴まないと難しいですよね。

ですが一度コツを掴んでしまうと意外と簡単にできるものです。

私が行っていた下回転に対するフリックのコツ、そして練習方法をご紹介させていただきます。

1.フリックの打ち方・コツ

フリックとは台上処理とも呼ばれ、レシーブやストップボールに対して行う打法です。

短いサーブを出されたときにフリックができれば、レシーブからでも主導権を握ることが出来ます。

フリックで決まることはほぼありませんが、次の攻撃に繋がる大事な1本です。




短い下回転がきてもフリックが出来なければツッツキで返すしかありませんよね。

どんなに短く、回転のかかったボールがきても攻めていけるので、試合では相手より優位にたつことができます。

フリックをするにはツッツキに比べミスしやすいといったマイナスの面ももちろんあります。

レシーブでのミスは致命的ですよね。

ですがミスを恐れて繋いでも今度は3球目で打たれてしまいます。

ツッツキでは点数を取ることができません。

それに対してフリックをすることにより自分の展開に持っていきやすくなり、うまく返せればポイントを取ることもできます。

どんなに回転のかかったボールでもラケットの角度さえ合えば入ります。

卓球のフリックに迷いは禁物、下回転ボールに対しては特にです。

中途半端に振ってしまうと回転に負ける原因となってしまいます。

下回転が強ければ強いほど、思い切ってラケットを振っていきましょう。

下回転に対するコツはラケットの角度と思いきりです。

他にもラケットの握り方も重要です。

ラケットのグリップ部分ではなくグリップとラバーの接触部分、ラケットの真ん中部分を持ちます。

そうすることで可動域が広くなり、打ちやすくなります。

大きく振ると戻りが遅くなってしまいます。

スイングは速く、大きく振らずにコンパクトなスイングを心がけてください。

手首だけでなく肘もうまく使うことにより、回転もかかりやすくいいボールが打てるかと思いますので、頭の片隅にでも入れておいてください。

2.練習方法

卓球の下回転に対するフリックを上達させるためには、練習がかなり必要になります。

1番おすすめの練習方法は多球練習です。

多球練習ではミスをしても続けられるといったプラスの面がありますので、まずは多球練習からはじめ、徐々に一球練習に持っていくことをおすすめします。

卓球練習では相手に下回転のかかったストップボールを出してもらいフリックします。

それが上達したなと思ったら今度は下回転サーブを出してもらいましょう。

下回転サーブに対してミスが減ってきたら、ナックルサーブや横回転サーブに対するフリックも練習しておくと、試合でとっさにきたときに困らないかと思います。

フリックは上達までに時間がかかるかと思いますが、コツを1度覚えてしまうと意外と簡単です。

練習を重ね、試合で簡単にできるようにがんばりましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ