横回転サーブをドライブで打ち返す方法|卓球が上達する練習メニュー

横回転サーブのレシーブにおいて大事なのは回転を見極めて、回転の性質を覚える事です。

卓球のサーブは回転が分かれば角度やスイングを調整してドライブすることが出来ます。

横回転サーブのドライブが上達する練習メニューをご紹介したいと思います。

1.横回転サーブをドライブ

横上回転サーブなのか横下回転サーブなのか分からなくてなんとなく合わせるようにドライブして返してしまう。そんな時はたいてい相手の回転に負けてミスしますね。

横上回転のサーブに対してドライブをかける時はラケットを被せて強打で回転を打ち消すようにスイングをします。




また、横下回転サーブに対してループドライブで返す事が出来るのでループドライブの練習メニューも取り入れましょう。

回転が分からない時は、打点とスイングスピードを早くすることによって横回転サーブへのドライブレシーブのミスはなくなります。

1.回転を覚える

まず卓球では、回転の性質を覚える事が上達する為には大事です。これはサーブ意外の技術にも言える事です。

どのように当てるとどういう風に跳んでいくのかを理解していないと、横回転サーブをドライブすることは難しいですね。

まず、ラケットの面を垂直にして、サーブを受けてみましょう。どっちに飛んでいくのか、その回転に逆らう方法、逆らわない方法を感覚で覚えて回転の捉え方を上達させましょう。

2.回転を見極めるには

回転を見るポイントはラケットの角度がどうなっているかです。卓球ではサーブを出すときはフェイクモーションを入れてきたりトスを高く上げる人もいますが、インパクトの瞬間だけを見るようにしましょう。

バックサーブはフォアサーブよりも分かりやすいです。打球する瞬間にラケットの面が上を向いていると横下回転、自分の方に開いているようだったら横下回転サーブです。

巻き込みサーブも面が立っているか開いているかで回転は分かります。

練習メニューに、同じモーションから横回転、下回転などのサーブを混ぜて出してもらってレシーブする練習をとりいれましょう。

3.横回転サーブをドライブでレシーブ

台から出る横回転サーブはドライブでレシーブしようとする人は多いと思います。

相手の回転が分かる時は角度を合わせて擦りあげたり、抑え気味にドライブをかけたりと出来ますが、回転が分からないと丁寧にドライブをして合わせに行ってしまう事が多いです。そういう時は入りません。

スイングが遅くて相手の横回転の影響を受けて、上がったり、落としたりします。迷ってドライブすることが一番ミスにつながるので、思いっきりドライブすることが必要です。

2.回転が分かったら

バックスイングは取らずに打球点は落とさずに、インパクトの瞬間を早く擦ります。

このインパクトの瞬間のスイングが相手のスイングよりも早ければ、回転に負ける事はないので相手の回転以上のスピードと威力のあるドライブでレシーブすると入ります。

スイングスピードを速くする練習もメニューに取り入れると、より横回転サーブに対してのドライブが上達して安定してきますのでやってみて下さい。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ