ドライブの打ち合いを制するには?|卓球が上達する練習メニュー

卓球の台から距離を取ってドライブでの打ち合いは中陣でやる場合が多いと思います。引き合いが上達すると普通の卓球のラリーも上手になります。

1.ラリー


台から離れた卓球のドライブの打ち合いは手打ちになるとラリーも続かずに失敗してしまいます。

距離があるので普通にラリーをするよりも、体重移動やパワーも必要になります。

基本的な打ち方が出来て、更に体の使い方が重要になりますので、基本的なドライブの打ち合いが上達する練習メニューをご紹介します。 




1.体を使って打つ

距離のあるところに飛ばそうとすると、体全体を使って打たないと安定したボールが届きません。

体を使って打つということは、膝を曲げて右足に体重をかけ、ラケットに当たった時に膝と体で擦りあげて左足に体重移動させるような感じになります。

練習メニューの中に素振りを取り入れて体の動きやフォームを確認してみましょう。

2.少し離れて

素振りでフォームを確認出来た後の練習メニューですが、フォアのラリーを台から少し離れたところでやってみましょう。

ボールを相手コートに入れようとすると腕を前に伸ばして飛ばそうとしてしまうのでボールは直線的に跳んで行ってしまいます。

右足に体重を乗せ、腰を回しながら体全体で打つように注意しましょう。

腰を回すというのが出来ない人は打った瞬間に右足の股関節を内側に入れるようなイメージでやるといいと思います。

体を入れて打てるかどうかで打ち合いのうまさが違います。ボールへの移動もスムーズにできるようになります。

3.軌道

ボールは弧線を描くように、回転をかけて飛ばします。ボールを弾いてしまうと、直線的な軌道になり安定したラリーが出来ません。

回転をかけるにはラケットを少し被せます。面を少し被せることによって摩擦が生じ回転がかかったドライブになるというわけです。回転をかける事を意識してラケットを振りましょう。

4.戻りを早くする

フォアドライブの打ち合いは体全体を使ってドライブをかけます。その分、戻りも遅くなりがちです。戻りを早くして体勢を整えなければ連続して打つことが出来なくなりドライブで打ち勝つ事が出来なくなります。

またカーブを付けてフォアドライブを打つと、ボールが外側に行くので相手は動かなければいけなくなり戻りを遅らせる事が出来ます。

相手を大きく動かして、余裕を持たせない事も大事ですが、ドライブの後の戻りを早くして自分が有利に運べるように練習しましょう。
 

1.打ち合いを制するには


卓球のドライブでの打ち合いを制するには、ドライブをかける時の上半身や下半身のどれがかけてもだめだと思います。

引き合いこそ、基本が出来ているかどうかの上達度を見る練習メニューだと思います。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ