コンパクトなドライブの打ち方|卓球が上達する練習メニュー

現代の卓球は前で早いプレースタイルになってきているので、素早い動きと素早い戻りが必要になっています。

卓球は大振りだと間に合わないのでコンパクトなスイングでドライブを打てるようにしましょう。

コンパクトなスイングのドライブが上達する練習メニューを紹介したいと思います。

1.コンパクトなドライブ

大きなスイングのドライブはバックスイングもフォロースルーも大きくなります。

当然、戻りは遅くなり、次に返ってきたチャンスボールも良い態勢でスマッシュすることが出来なくなってしまいます。




バックスイングをあまり取らずに前陣でドライブすると、スイングはコンパクトにする必要もありますし、コンパクトなスイングでのドライブは攻撃選手にとっては必須になっています。

パワーは落ちますが連続攻撃するうえでは大事なのでしっかり覚えましょう。

1.スイング

スイングをコンパクトにするには、ラケットを直線的に動かすようにしましょう。肩や腰の回転も小さくする必要があります。

少し面を被せてラケットを振ったら、そのままラケットを戻します。ラケットのエッジ方向は打つときも打ち終わった後も同じ方向を向いているような感じです。

練習メニューの中に多球練習を取り入れて、直線的にラケットを動かせるようにしましょう。

2.反動で戻る

打った後のラケットは止めずに 擦って振った反動で戻します。体重移動を瞬間的にして、右左のリズムは小さくなります。

左足で蹴って戻って、蹴って戻ってを早くする感じです。溜めを小さくしてスイングを早くインパクトの瞬間も早くするように意識して練習しましょう。

3.台に近づいて練習/h4>
普段のドライブよりも台の近くでかける練習をしましょう。ゆっくりのボールを出してもらって、コンパクトに振る事だけを意識して練習してみましょう。

このとき、体重移動などは考えずスイングを小さくすることだけに集中して、慣れてきたら早いピッチで出してもらいましょう。

大振りしていると間に合わないので自然にコンパクトに振るようになり、手だけでは間に合わないので自然と体がついてきます。

2.練習方法

練習メニューの一つとして、普通に打った後、一度素振りを入れます。一度素振りを入れる事で小さく振らないと間に合わなくなります。卓球は戻りの速さが勝敗を決めるくらい大事です。

多球練習だったり、ピッチの早いボールで出してもらったりしてスピードもアップさせていきましょう。

1.台に近づいてフットワーク練習/h4>
フォア、バックとどちらにボールが来てもいいように、足はやや平行スタンスであっても上半身を瞬間的に捻る事を意識しながら練習しましょう。

2.素振り

素振りも取り入れてみるとよいでしょう。自分でイメージしているコンパクトな素振りが実際はどうなのか鏡の前でやってみるのも良いでしょう。卓球はイメージすることも上達にはつながります。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ