卓球のドライブがいつもブロックされてしまう人が気を付けるべきこと

卓球のドライブをブロックされる原因としては、ボールが軽くて遅い、またはコースを読まれる、タイミングが合ってしまうなど考えられます。

自分がドライブを打つ時の状況を振り返りながら上達する練習メニューを参考に練習してみましょう。

1.ドライブされないブロック

卓球の技術にはブロックがあります。

ブロックする方としては、ドライブをわざとかけさせてそれを狙ってブロックするので入る確率が高いです。

または、コースが読みやすく、来るところを予想してラケットを出して止めるなど考えますね。




バックを回り込んでドライブをかける選手はバックでブロックされる確率も多いのと同じように、コースが分かられてしまうとブロックされます。

予想できなくても回転のあまりかかっていないドライブや、スピードのあまりないドライブも卓球では簡単にブロックされてしまいます。

回転力とスピードがあるドライブを練習して使ってみるとブロックされにくくなります。

2.ループドライブをブロックされる

ループドライブをカウンターされる人は、下から上に擦りあげるので高めで浅いループドライブになっている可能性があります。

卓球のドライブの中でも浅いループドライブは狙われてブロックされやすいです。面を45度くらいに被せて、下から上に擦ってみて下さい。

低くて深いところにボールが落ちるループドライブになるので練習してみましょう。

3.パワードライブ

スピードもあるパワーもあるドライブを打てるようになりましょう。相手のラケットを弾くようなパワードライブを覚えるブロックされ難くなります。

パワードライブの練習をするときは、ラケットに厚く当てるように意識しましょう。ラバーにぐっと食い込ませるようして 回転をかけます。

なかなか上達しない人はゆっくりボールを出してもらって、ラケットで捉えてから回転をかけるイメージを掴んで下さい。感覚を覚える事で上達に繋がります。

スマッシュのようにボールに当てに行くのではなく、ラバーとスポンジに沈ませてから振り上げるような感じで練習してください。

ちょっとイメージ的には難しいのですが、表面で擦って入れるだけだと回転はかかってもパワーのあるドライブにはならないので気をつけましょう。

股関節をしっかり入れ込んで体重移動、体、腕を使ってスイングスピードを早くして打球点は一番高いところを捉えるように意識して練習すると上達するでしょう。

打球点を落とすと回転はかかりますが、インパクトは弱くなってしまうのでパワーのあるドライブにはなりません。

.4沈むドライブ

ネットギリギリの高さを通る低いドライブは、コートについてからのバウンドも低いのでブロックしようとするとネットに引っかかってしまいます。

とてもブロックしづらいドライブです。ラケットを水平気味にスイングすると軌道が低くなって沈むようなドライブになります。

.2コースを考える

ドライブをかける時の姿勢はどうなっているでしょう。

フォアからストレートにドライブをかける時に、バック側に体が向いていたり、フォアにドライブするときに正面を向いていたりすると、コースが読まれてしまいますね。

ドライブの種類もシュートドライブとカーブドライブを混ぜたり、クロスに打つ時もストレートに打つときも態勢は変えないなど工夫する事も大事になります。

是非練習メニューに取り入れてみて下さい。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ