チキータのやり方のコツ | 卓球が上達する練習メニュー

シェイクハンドのプレイヤーが是非身につけておきたいのがチキータです。

チキータは台上で横回転ドライブを打つ技術なのですが、やり方は知っていても卓球の試合でおいそれとは打てません。

上達のためにも「チキータのやり方のコツ」をしっかり押さえて練習メニューで意識しましょう。

1.チキータのやり方

フォームは一見バックハンドのフリックに似ていますが、ボールの側面を捉えることで横回転のドライブをかけます。

バウンドするとチキータ(バナナの名前)のように曲がることからこの名前がついたと言われます。




この軌道は返球が困難なので、シェイクハンドにとっては決め球にもなり得る技術です。

1.手首を大きく巻き込む

ラケットの先端を下に向け、手首を大きく内側に捻った状態でバックスイングを取ります。

このときワキを開き、ヒジを高い位置に置くことを意識することで無理な力が入らずにフォームを取ることが出来ます。

フリスビーや輪投げを構えるイメージでやってみるとやりやすいかもしれません。

2.ボールの側面を振り抜く

バックスイングの姿勢から、溜めた力を解き放つようにボールの側面をこすり上げるようにインパクトします。

回転をかけるよりは手首を戻した反動でラケットをボールに当てる、という意識でやった方が上手くいきます。

インパクト後は少し背筋を反らせるような姿勢を取ると前方向に自然なフォロースルーが取れます。

1.チキータの練習

そもそもスイング自体が難しいのでまずはこのフォームに慣れる所から始めましょう。

ボールの側面を狙ってインパクトする感覚が身につくまで何度もノックして貰いましょう。

力が入りすぎると手首を痛めてしまうので休み休み、時には手首のストレッチも行って下さい。

1.台上で出せるように

安定してチキータが出せるようになったらより実戦的な練習メニューで更なる上達を図ります。

お互いにミドルに位置取り①台上でのラリーから相手がバックハンドショートを打つ②これをチキータで返球する、という練習をしてみましょう。

卓球台に対してチキータがどのような軌道を描くのか、やり方も合わせてしっかり確認しましょう。

更なる応用としてクロス・ストレートなど立ち位置を変えてもコートインするようにしましょう。

3.相手の回転に対応する

当然ですがやり方をマスターしても卓球の試合で相手はチキータが打ちやすいようには打ってくれません。

なので相手の打球に対してもチキータを狙っていくための練習が必要になります。

基本的に下回転に対しては”下からすくい上げる”ように、上回転には”やや上から押さえる”ようにボールの側面を狙っていきます。

練習では相手にも下回転や上回転を出してもらって慣れるようにしましょう。

チキータはシェイクハンドの華ともいえる技術、是非打てるようになりたいものです。

しかしがむしゃらに練習していると手首を痛めてしまうので、決して無理はしないようにして下さい。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ