卓球のバックハンドのフットワーク練習法

卓球にはフォアハンドだけでなく、バックハンドのフットワークも重要です。

どちらもバランスよくできていなければ上達は難しいと言われています。

フォアハンドに比べバックハンドのフットワークはあまり馴染みのないものだと思いますので、バックハンドが上達する卓球のフットワーク練習メニューをご紹介します。

1.バックハンドの特徴

バックハンドはフォアハンドに比べるとあまり強打はしませんよね。




バックにきたボールを回り込んでフォアスマッシュはありますが、逆のフォアにきたボールをバックハンドするといった場面はほぼありません。

卓球のバックハンドの特徴として強打は難しく、そのためバックハンドのフットワークはあまり練習をする人がいません。

バックだけのフットワークをあまりみかけませんよね。

実際私もバックハンドだけのフットワークというのをほとんどやったことがありません。

これは、バックではブロックをすることが多いためブロックの練習はしても強打の練習はしない人が多いからです。

フォアハンドに比べるとあまり力が入らないため、体勢を崩し戻れない時以外はフォアハンドで打つ人が多いのです。

しかし卓球上達のためにはフォアハンドだけではなくバックハンドもとても重要になってきますので、毎日の練習に入れてみることをおすすめします。

10分でいいので、どのフットワークでもいいので、何か試してみてください。

2.バックハンドのフットワーク

バックハンドのフットワークはあまりやっている人を見かけません。

バックハンドのフットワークというよりはフォアハンドも混ぜたバックハンドのフットワークをしている人が多く見受けられます。

例えばバック2本からフォア1本、またはバックとミドルを交互にもらい1本1本のフットワーク練習もできるかと思います。

バックから急にバックサイドに振ってもらいフットワークを使って動く練習方法もあります。

フットワークの基本として打ったら戻るを意識して練習してください。

また、動きながら打ってしまうと重心がぶれいいボールが入らないので止まって打つよう意識してください。

卓球の多球練習でおすすめしたい練習方法に、バックハンドから急にバックサイドに1本振ってもらいフットワークを使って打つ練習メニューがあります。

サイドにきたボールをバックハンドで強打すると、バックハンドの上達が期待できます。

バック前ストップからバックハンドをし、そこからフットワークをする方法もあります。

バックハンドから今までご紹介したバックハンドのフットワークをすると、もっとバックハンドが上達できるかと思います。

フォアに比べどうしても練習メニューが少なくなってしまいます。

卓球はバランスが大事なので、フォアハンドとバックハンドのフットワーク練習をバランスよく行い、どちらも今以上の上達を目指して練習に励みましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ