卓球のツッツキの種類と上達するために必要な打法

卓球のツッツキには下回転とナックルの2つの種類があります。

卓球の上達には欠かせないこのツッツキの種類や打ち方、特徴をこの機会に是非覚えましょう。

1.ツッツキとは

ツッツキとはボールの下をこすり、主にした回転をかける打法です。

攻撃マンではツッツキは打ち合いへ持っていく前の繋ぎの役割を果たしていますが、カットマンにとってはツッツキが主と言っても過言ではないくらい重要なものです。




卓球をやる上で攻撃マンにとってもカットマンにとってもこのツッツキは上達する上で避けては通れないものですから、それぞれの種類や特徴もしっかり覚えるようにしましょう。

2.下回転

まず基本中の基本、下回転の打ち方です。

下回転はラケットの上で、ボールを下から上に転がすイメージでこする感覚を大事にします。

卓球を始めてすぐの人でも練習を重ねて上達してくると、ツッツキも2種類だけでなく下回転だけでも回転量の違いを細かく変化させることができるようになります。

さらに長短もつけると相手を揺さぶることもできます。

下回転の場合中途半端にツッツキをしてしまうと相手にとってドライブのしやすいボールになってしまうため、長短をはっきりつけることをおすすめします。

3.ナックル

ナックルツッツキはラケットにあて軽く相手のコートに押し出すような形で返します。

しっかりと捉えるのではなくボールを軽く掴むくらいの感覚で打ちましょう。

ナックルのツッツキは単体ではそれほど効力はありませんが、下回転と混ぜることで効果が現れます。

卓球の上達を目指して練習している人ならわかると思いますが、ツッツキでは下回転とナックルの2種類を混ぜると混乱してしまいます。

下回転を多く出したまにナックルボールを混ぜることにより相手は混乱します。

ナックルツッツキの場合は下回転よりも長短がはっきりつけやすくなります。

例えば粒高や表ラバーを使っている人はあまり弾まないラバーが多いので、力は少し強めに入れ長くツッツキをすることができ、逆に短いツッツキは力をあまり入れずに軽く押し出す感じで打つと長短がはっきりします。

4.サイドスピン

最後にこれは卓球を始めたての人よりも、もっと上達したいと思っている中級者・上級者の人におすすめしたい打ち方になりますが、先ほどご紹介した2種類の他にもう2種類のツッツキがあります。

ラケットを右から左へ横にスライドするサイドスピンという打ち方です。

これはあまりやっている選手は少ないのですが、ツッツキの最中に横回転をかけることができる打法です。

オリンピック選手なんかはたまに使っているのを見ますよね。

相手の下回転やナックルのツッツキボールを殺すことができるので、卓球の上達を目指している方は是非練習してみてください。

ツッツキと一言で言っても細かくわけると何種類もあります。

卓球の上達をしたい方は今ご紹介したツッツキの種類、打法を確実に身に付け試合に生かしてみましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ