ペンとシェイクのドライブの打ち方の違い | 卓球が上達する練習メニュー

ドライブは卓球において欠かすことのできない技術ですがペンホルダーかシェイクハンドかで打ち方が多少変わってきます。

この違いを分からずに漫然と打っていると上達も遅いし変なクセがつくようになります。

「ペンとシェイクのドライブの打ち方の違い」をしっかりと確認しましょう。

1.フォアドライブ

ペンホルダーでもシェイクハンドでも大きく変わる所はありません。

通常のフォアハンドよりバックスイングを大きめに取りながらボールを引き寄せます。




そして体の斜め前方でボールを捉えてインパクト、そのまま振り抜きます。

1.ペンホルダーでの対応

バックスイング時にラケットが下向きになっていないと打球は明後日の方向に飛んでいきます。

そのまま少し斜め上方向に向かって、ボールの上部をこするようにスイングします。

そのまま体重を利き手側の足から逆に移し、利き腕のしなりを活かして前方向にフォロースルーしましょう。

2.シェイクハンドでの対応

バックスイングでラケットの位置を少し下に取り、手首が反り返らないようにします。

利き手側の足に乗せた体重を逆足に移しつつボールに向かい、打球点を落とさないように体の斜め前でインパクトします。

そのまま釣り上げるように顔の前まで振り切ったら素早く体重を返して基本姿勢に戻りましょう。

2.バックドライブ

対してバックドライブはペンホルダーだけでなくシェイクハンドでも苦手とする人はいるのではないでしょうか。

しかし卓球の試合は相手の弱点を狙うもの、バックハンドが苦手だとばれたらそちらを重点的に攻められます。

特にペンホルダーはバックハンドでもドライブが打てるようにならないと相手にプレッシャーを与えられませんので練習して上達しましょう。

1.ペンホルダーでの対応

ペンホルダーでバックハンドのポイントは利き腕側の肩をグッと体の内側に入れてバックスイングすることです。

このとき力んで脇を絞めると肘の位置が下がってしまいバックスイングが取れなくなってしまいます。

強い回転をかけるコツは親指と人差し指の付け根に力を入れること、しっかりラケットを振っていきましょう。

2.シェイクハントでの対応

シェイクハンドで強力な回転を生むには手首を体の内側に曲げこむこと、手首を柔らかく使えるほど回転がかかります。

スイングの軌道を斜め上方向に、ヒジを軸にしてボールをこすりながらインパクトしましょう。

ボールの上面を捉えていれば回転はかかりますので手首を必要以上に使って痛めないようにしましょう。

卓球の試合で常に得意な打球が出せれば最良ですが、相手は弱点を狙ってきます。

特にペンホルダーはバックハンドを苦手とするプレイヤーも多いですが、そこで強力なバックドライブを放てば「スキがない」とアピールすることにもつながります。

不得意な打球を無くすことも卓球が上達する上では重要なことです。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ